avatar image

007 SPECTER

【概要】
少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンド。その写真に隠された謎に迫るべく、Mの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルチア・スキアラと出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビがボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニーやQの協力を得つつ、スペクター解明の鍵を握る旧敵、Mr.ホワイトの娘であるマデレーン・スワンを追う。ボンドは追い求めてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知ることになる――!
f3dfc_1400_f5f412290c34279011eec74e01ed4fcb_convert_20151216175615.jpg
007 SPECTER」を観て来ました。
007をダニエル・クレイグが演じる様になって4作品目です。
内容としましては最初と最後のヘリのドンパチは今年観た「ターミネーター新起動」で似たような感じのを観たしボンドのいるMI6の存在意義は?と言うのは「ミッション・イン・ポッシブル/ローグ・ネイション」でもIMFは解体か?って似たような設定もあったし。
イギリスもアメリカも大変ね~とネット社会の昨今諜報部員・スパイ活動と言うのはもう時代遅れなのか?と言うテーマはどこでも抱えているんですかね。
IMG_7646_convert_20151216175629.jpg
ネット社会でどれだけ監視されているんだか?って終盤にさしかかるシーンを見て思いましたがダニエル・クレイグが演じる007になっての登場人物達の親玉が遂に登場でひとつひとつ整理しながら観ると007はちゃんと話が出来ていて面白いっすな。
さて今回もアストンマーチン大活躍。
このボンドカー、本来は009が使う予定が007が乗りカーチェイスをローマの街中でやった後開発費5億5千万円の車を川に水没させた設定になっておりました。
まぁその位の予算がかかるならMI6の存在意義は?と問題になってもわからくはないか?
spctre_car_01_s-640x576_convert_20151216175644.jpg
観に行った地元の映画館、毎月15日はシネマサンシャインデイで終日1100円で公開1週間経ってないからちょっとは混むかと思ったが10人くらいしかおらず。
本編が始まる前にこれから上映予定の予告映画が何と8本近くあってそれを観ているだけで若干疲れたわ!
IMG_7647_convert_20151216175637.jpg
ちなみにタイトルの「SPECTER」、スペクターとは初期の『007』シリーズに登場したボンドと対立する犯罪結社の名前とのコトです。
さすが前作スカイフォールで007生誕50周年を迎えスペクターからちょいちょい憎い設定が盛り込んでありますな。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback