avatar image

腕の骨をつなぐ間接 ひじひじ2

ドイツ、今大会も抜け目もなく強く仕上がってますね。
ドイツ勝つと思ったがまさか4-0とはね。
ポルトガルは前回大会の時の方がチームとして強かったかもね。
アメリカVSガーナは予選リーグのベストバウトのひとつで面白かったです。
2位通過がどうなるか楽しみですね。

約2週間前に痛め腫れた右ひじ、腫れも引いて曲げ伸ばしも出来るようになり後はコブみたいになっているトコの血?水抜きに行って来ました。
この怪我の名前は「骨液包炎」と言うものです。
IMG_8934_convert_20140617183214.jpg
注射で腫れているトコの骨液と呼ばれる骨と骨を繋ぐ部分の潤滑油みたいのを時間にして5秒くらいで約10ccほど抜いて包帯を巻いて終了です。
3~4日ほど湿布を張って様子見ですがほぼ治まります。
IMG_8935_convert_20140617183222.jpg
治まらない場合はアルコール100%を注射して骨液包を焼く治療をするとのコトで。
想像したらそれって凄く熱いんじゃないか?と。
それでもダメな時は手術とのコトです。

何かじいさんになったら肘のリュウマチになるだろうな~と思ったりして。
これは今からグルコサミン愛用者になるか?(笑)

Comment

  • ari
  • URL

私も、肘の下(手首に方)に近い場所の方にこぶが出来るようになって数年。
このこぶがある時は大きくなったりしぼんだり赤くなったりと不気味でございました。
肘をついた時に当たる場所では無い所なので・・・。
たまたま、皮膚科に行った時に見てもらった時はそう大きくもなかったんですが病理検査を兼ねてパンチで取ってみますか?と言われたので、しないよりはいかと1週間後の予約を入れて行きました。
1週間後はこのこぶが見事に大きくなっててしかもプヨプヨ・・・。
先生も首をかしげながら、パンチで一突き。
2針縫って、後は自宅で消毒後傷口をきれいにするテープを進められました。
そして1週間後の結果は、よ・・・わからんと。
筋肉でもなく脂肪でもなく考えられるのは、関節の潤滑剤的な体液だと・・・。
それが何らかの原因で、こぶとして出て来てると、これ以上また出来たら次は整形外科に行って欲しいと言われましたよ。
今のところ、赤くなったりはしますが以前のように大きく腫れあがる事はないので・・・。
肘ついても、当たる場所では無い所なので関節の潤滑剤的な・・・と言われてもピンとこなかった私です。
なんなんでしょうね?

  • sycleの旦那
  • URL

>ariさん
多分同じ症状だと思いますよ。
場所問わず各関節に必ずある潤滑油みたいなモノです。
こやつ、突然腫れる人もいれば私みたいにぶつけて腫れるのもいれば。
場合によっては腫れが引いて何事もなかったかの様に元に戻るコトもあれば。
病院で説明を受けましたが早く抜いてくれ!と思いましたが10ccくらいとは言え素人目には結構出たなー、そりゃ腫れるわな~とビックリでした。
「骨液包炎」で検索かけて画像でみるとなかなかグロテスクなのもありますぞ。(笑)

  • ari
  • URL

教えてくださりありがとうございました。
説明文いろいろ読んで、最後に画像。
sycleの旦那さんの画像もありましたよ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
1枚だけ私と同じ場所に出来てる画像があり、これだったんだ・・・でした。
また大きくなるのかな・・・。

 

  • sycleの旦那
  • URL

>ariさん
昨晩からまた腫れて曲げ伸ばしが痛くて夜中何度も目を覚ましましたわ。(汗)
医者に言われたように暫く湿布と炎症と痛みを抑える薬は飲まなきゃダメっすね。
もう1回抜きに行くかな?でございます~。

ちなみにプロレスラーの内藤選手も以前肘の骨液包炎でシリーズ休場しているのを知ってプロレスラーでも休むくらいなんだからしょうがないわなと何故か納得したりして。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback