avatar image

ワールド・ウォーZ

【概要】
妻と2人の娘と平穏な日々を送っていた元国連捜査官のジェリー。ある日、家族を乗せた車で渋滞にはまった彼は、謎のウイルス感染によって凶暴なゾンビが瞬く間に増殖する現場に遭遇する。必死で家族を守り、間一髪で逃げ延びたものの、現場復帰の要請が入った。いまや謎のウイルスの爆発的な感染拡大で、全世界が崩壊しようとしている。そこで、かつて伝染病の調査や紛争地域での調停に手腕を発揮してきた彼に、調査隊への協力が求められたのだった。愛する家族の安全と引き換えに、調査への同行を決意したジェリーは、米軍とともに混乱が拡がる世界各地の感染地域へと向かうのだったが、そこで彼が見たものとは…。
kanban_convert_20140623161756.jpg
WOWOWでワールド・ウォーZをオンエアしていたので観てみました。
最近のゾンビ映画はCGてんこ盛りでレンタルするほどでもないなと思っていたのでちょうど良かったか?

最近のゾンビさん達は「謎のウィルスによって」だ「未知なる殺人ウィルスによって」系でやたらとパワーアップの凶暴になってますがゾンビさん達が全力疾走する段階でドン引きして見る気が起こらず。

道場のプロ格闘家の若いのがもの凄くゾンビ映画大好きと言うのがいて聞いてみたら映画館で観て途中で寝てしまったと言っていましたが前半の空母に行く展開までは面白かったかな?

でも観ていくうちに「この凶暴ゾンビパターンはどこかで観たなぁ?」と思ったらアイ・アム・レジェントの要素もあり。
aiamrejend.jpg
WHOの建物で抗体ウィルスを作るパターンはコンテイジョンだったり。
11081002_Contagion_02s.jpg
その建物でゾンビさん達とドンパチするのはバイオハザード(しかも「1」)だったり。
img_3.jpg
新しいパターンだなぁと思ったのはゾンビさんに噛まれる→感染する→ゾンビさんになると言う工程が12秒と言う速さが斬新でそれ以外は「よくある話ですね」と言う感じかな?

まぁゾンビと言ったら1978年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督の映画ゾンビの動きののろいのが基準なのでやはり今どきの全力疾走系のパワフルなゾンビさんはイマイチです。
今見るとCGのない時代の作品であまりにもしょぼいが怖さは70年代後半のホラー系は最高ですね。

ちなみにこのあげてある4作品、私的にはゾンビ映画じゃありませんがコンテイジョンがお勧めです。
この映画を見終わった後「手は良く洗おう!」と思えますよ。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback